全く新しいペット用歯ブラシの登場!

なかなか難しいペットの歯磨きを

嫌がられることなく簡単&スムーズに!

大事な家族の一因であるペットの

健康サポートのひとつとして

毎日の口腔ケアがとても大事です。

歯周病による様々な健康リスクを減らすために

日々の歯磨き習慣が大切ですが、

猫ちゃんワンちゃんに歯磨きしようとしても

嫌がられて諦めてしまっている方や、

嫌がられつつもなんとか自分なりに頑張って歯磨きをしている飼い主様は多いのではないでしょうか?

我が家にお迎えした猫のお口のニオイが気になり、

歯周病予防にと歯磨きにチャレンジしてみても

嫌がられ…泣

どうにかスムーズに歯磨きできないかと

試行錯誤して生まれた歯ブラシが

「360度カミカミクルクル」です。

猫ちゃんやワンちゃんの歯磨きに悩んでいる方に

お使いいただけると幸いです。

(ワンちゃんは超小型限定。目安は3キロ以下。)

一番基本でシンプルな歯ブラシでの口腔ケアを

誰でも簡単にできて、

しかも無理矢理ではなく

猫ちゃんワンちゃんが美味しく喜んで

歯磨きできるよう開発いたしました!

※ご購入はこちら!

(最安値↑)

使い方は簡単です。

お好みのおやつペースト等をブラシヘッドにつけてペロペロ、

 更にパクッとくわえて奥歯でカミカミしだしたら

 歯磨きチャンスです!

 (※自発的にくわえてくれるまで待ちましょう。

  無理やりはNGです。)

②奥歯でカミカミしている間に飼い主様は

 歯ブラシ自体をクルクルと軸回転させてください。

 (※ペットと飼い主様の共同作業ですので、

  コツがつかめるまで慣れが必要な子もいます。)

たったそれだけのシンプルな歯磨きです!

ブラシ毛が連続して奥歯全体に当たることで

歯についた全方位の汚れを落とすことができます。

特に奥歯は歯磨きしにくく

歯垢が付きやすい場所ですので、

重点的に歯磨きしたいポイントです。

左右30~60秒で歯磨き完了です!

猫ちゃんにとっては美味しい思いをしている間に

歯磨きが終わっているというイメージです。

おやつタイム=歯磨きタイムとなります。

※おやつペーストでのカミカミクルクル歯磨きに慣れてきたら、

デンタルジェルなどにすると更に歯磨き効果UP!

360度カミカミクルクルでの歯磨きのコツ

まずはキャットタワーなど少し高い所に乗ってもらってトライしましょう!

向かい合った状態で歯磨きする事がポイントです。

歯ブラシを咥えて奥歯でカミカミ

クルクルと回転させるためには、

このポジションが最適です!

飼い主様は利き手に歯ブラシ、

反対の手におやつペーストを持ってお試しください。

おやつペーストに大興奮して体勢が定まらない子は

やりにくい場合があります。

美味しく楽しく、

簡単スムーズな歯磨きタイムを!

ご購入はこちらから 

360度カミカミクルクルで歯磨きするメリット

360度カミカミクルクルの一番の特徴はその名の通り

ブラシを奥歯でカミカミ噛んでいる間に、

クルクルと回転させる歯ブラシです!

無理矢理される体のケアは

猫ちゃんワンちゃんにとっては嫌な時間ですね..

ストレスを無くし、口腔ケアができるのは

飼い主様にとっても良い事ではないでしょうか?

まずは、ブラシを奥歯で噛んでもらうところからスタートしますので、

歯ブラシ=美味しい

と思ってもらえるようおやつペーストで誘導しつつ、

自分からカミカミしてくれるまで

お待ちください。

(無理矢理お口の中にねじ込むのはNGです。)

この歯ブラシは噛んで使う事を前提とした構造に

なっていますので、

このようにハードな使い方をしても

30日以上は耐えられます。

耐久テストの結果はこちら

美味しく嬉しい毎日の歯磨きタイムで、

ペットのお口の健康をサポートしていきましょう!

すぐに歯磨き出来ない場合もあります。

上記の様に猫ちゃんワンちゃんの個性によっては

歯ブラシ自体に拒否反応を持たれてしまう場合もあります。

拒否の理由はその子によって様々です。

お口の中に入れる前に嫌がる子は、

過去に歯磨きに関する

トラウマがあるのかもしれません。

お口の中に入れた後で嫌がる子は、

ブラシの口当たりが嫌いな場合や

口内炎で痛みがあるかもしれません。

嫌がる子に無理矢理トライしようとしても、

ますます可能性が減ってしまいかねませんので、

自分から奥歯でカミカミしてくれるようになるまで、

辛抱強くお待ちください。

数日で出来るようになる場合もありますが、

数カ月以上かかる子や、

ずっとできない可能性も否定できません。

そんな場合はお顔のブラッシングなど

コミュニケーションツールとしてお使いいただけると幸いです。

皆さまの大事な家族である

猫ちゃんワンちゃんたちの健康を願っております。

ご購入はこちら

ブラシヘッドを小さくリニューアル!

画像の左側が2023年6月に発売された

ノーマルブラシヘッド。

右側が新しく11月にリニューアルされた

ミニブラシヘッドです。

ブラシヘッド軸の直径が13%小さくなって

縦にもコンパクトになりましたので、

よりカミカミしやすくなりました!

通常1本¥1485のところお試し価格で発売中です

実際の動画で歯磨きのやり方やコツをご覧ください↓

初めから動画の猫ちゃんのようにスムーズにできるとは限りませんが、

歯ブラシの角度や動かし方などを

参考にしていただくとコツが掴みやすく

ペットにもストレスが無いと思います。

今までにない猫の歯磨き方法ができる!

従来の猫ちゃんワンちゃんの歯磨きは体を固定して

歯の側面にブラシを当てて歯磨きする

というものでした。

しかし、

内側までブラシを当てて磨くのはかなり難しいです。

そこで、360度タイプの歯ブラシ

噛んでいる間にクルクル回転させる

歯磨き方法をご提案します!

この歯磨き方法を実現させるには

噛みながらの歯磨きに耐えられる強度が必要でした。

従来の360度タイプの歯ブラシは

歯がブラシの根本に当たることで

すぐにブラシが切れたりしてしまいますが、

360度カミカミクルクルは螺旋状の溝に

ブラシを組み込むという独自構造により

ペットの歯がブラシの根本に当たらず

破損しにくく、

長期使用が可能な強度を実現させました。

価格は1本税込み¥1485です。

(お試し価格で販売中。)

ねこと超小型犬におすすめの歯ブラシ

もともと猫のために出来た歯ブラシですが、

噛む力が猫ちゃんと同等の超小型のワンちゃん

にもお使いいただけます。

ちゅーるに貪欲で噛む力が強い猫さんや小型犬

(チワワやヨーキーなど)の歯磨きには

より強度の高いノーマルタイプがお勧めです。

※ノーマルタイプはBASEからのみご購入いただけます。

超小型のわんちゃんでも犬種や噛む力によっては

ブラシヘッドが耐えられない場合もありますので、

様子を見ながらお試しください。

歯ブラシに関するQ&Aはこちら

ペットは家族の一員であり、シニアになっても元気でいてもらいたい

毎日おいしくごはんがたべられるのは

健康な体と歯があってこそです。

歯周病になってからではペットも飼い主さまも

治療の負担がかかってしまいますので、

つらい思いをさせないためにも予防を

コツコツ頑張りましょう。

基本的に犬猫の歯石除去は全身麻酔をかけて行われる為、

ペットの体へのリスクと

飼い主様にも経済的な負担が大きいものとなります。

さらに人の手などへの噛み癖がある場合は、

ペットの口腔内細菌が原因で

傷口からの感染症のリスクも高まります。

お口の中を綺麗に保つことは

様々なメリットがあります。

まずはお口が臭わないかチェックしてみて下さい。

少し臭う場合は

歯周病菌が繁殖している可能性がありますので、

歯磨きしてあげてお口の健康を取り戻しましょう。

歯磨きが大切なのはわかっているけど

嫌がられてしまい諦めている方、

従来の歯ブラシなどで苦労して歯磨きをしている方、

お待たせしました!

従来の歯ブラシは様々な形状がありますが、

どれも猫ちゃんを抱えるなどして

無理矢理歯磨きするというものが殆どで、

猫にとっては迷惑で嫌な事である場合が多いと思います。

比較的おとなしい子でも縦横磨きで

歯の外側と内側まで磨くのはなかなか大変ですよね。

シートを指に巻き付けてこするタイプも

同様だと思います。

どうして動物にも歯磨きが必要か、さらに詳しく知りたい方はこちら

従来の歯磨きと「360度カミカミクルクル」での歯磨きの仕方を図にしてみました。

まずは従来の歯磨き↓ですが、

外側はなんとか磨けても内側は

更に難易度が高いです。

次に「360度カミカミクルクル」での歯磨きは、

一度に奥歯の全方向を磨くことが可能です!↓

この「360度カミカミクルクル」

無理やり歯磨きするものではありません。

好みのおやつペーストをあじわいつつ

喜んで歯磨きしてくれるようになることを

理想としています。

ペットも飼い主様も

ノンストレスな歯磨き方法

ぜひお試しくださいませ。

【使い方は超簡単】←とても大事なので繰り返します。

ちゅーる等をブラシヘッドにつけてペロペロ、

更にパクッとくわえて奥歯でカミカミしだしたら

 歯磨きチャンスです!

(自ら咥えてカミカミしだすまでは、

 無理やり口の中に入れず待ちましょう。)

②奥歯でカミカミしている間に飼い主様は

 歯ブラシ自体をクルクルと回転させてください。

(ペットと飼い主様の呼吸を合わせての

 共同作業になりますので、

 少し練習が必要な子もいます。)

たった30~60秒で歯磨き完了!

ブラシ毛が連続して奥歯全体に当たることで

歯についた全方位の汚れを落とすことができます。

短い時間で歯磨きが完了するので、

猫ちゃんにとっては美味しい思いをしている間に

歯磨きが終わっているというイメージです!

おやつタイム=歯磨きタイム

となります

我が家の猫は「歯磨きする?」と聞くと、

いつものお立ち台に飛び乗って

進んで歯磨きしてくれています^^

そのため普段のおやつは極力減らし、

待ちに待った楽しみな歯磨きタイムになるよう

誘導してあげてみて下さい。

歯磨きタイムがお楽しみの時間になれば、

ペットも飼い主様もお互いハッピーです。

お口の健康をサポートする毎日の習慣として

「360度カミカミクルクル

歯磨きしていただけると幸いです。

従来の一般的な360度タイプの歯ブラシとの違いをまとめてみました。

従来の一般的な360度タイプの歯ブラシ(右側)は

縦横磨きを推奨している為、嚙まれると

数回の使用でブラシ毛が切れたりしてしまいます。

「360度カミカミクルクル」

嚙んで歯磨きすることを前提とした構造

になっておりますので、

平均で30日以上の使用が可能です。

Instagramで毎日実施した

耐久テストでは60日間の継続使用クリア

という結果が出ております。

耐久テスト結果はこちら

※注意点

嚙む力が強すぎたり回転のタイミングが合っていない

ブラシヘッドへの負担が増してしまう場合もあります。

慣れないうちは慎重に観察しながらお試し下さい。

可愛くて安全性も高い首輪も新商品として登場♪

になる方はこちらからご覧ください。

普通毛とやわらか極細毛について

毛の種類は2種類!

しっかり磨ける歯磨き効果の高い普通毛と、

お口の中にいれても嫌がられにくい

やわらか極細毛をご用意しておりますので、

まずは猫ちゃんに受け入れてもらいやすい

ミニブラシヘッドやわらか極細毛

でお試しいただくのをお勧めします。

ご購入はこちら

歯ブラシ本体(2種類)とブラシ毛(2種類)の効果などを☆で表にまとめてみました。

サンプルでの歯磨き動画を↓ご覧ください。

普通毛と極細毛をご用意し、

歯磨き効果の違いを実験し動画にまとめてみました。

大人の猫ちゃんは未知の物に警戒しがちだと思いますので、

まずは口当たりのマイルドな極細毛で

お試しいただくのが良いかもしれません。

仔猫や警戒心の全くない食いしん坊な猫ちゃんは

しっかりした普通毛で歯磨きしていただける

可能性が高いです。

歯ブラシをお試しになってくださった飼い主様にアンケートへのご協力をお願い致します。

MENU
PAGE TOP